ドクターシーラボは、1999年に設立された日本の化粧品会社。アクアコラーゲンを主成分とした基礎化粧品を主軸として健康食品・美容機器等を取り扱い、当初は通信販売に力を注いでいた。シーラボの名前の由来は、製品の企画・開発を担当したシロノクリニック・Sea・ビタミンC・コラーゲンにちなんでつけられた。数ある化粧品の中でもメディカルコスメという比較的新しい日本の市場を席巻する。肌トラブルに悩む人々を救うというポリシーを打ち立て、皮膚の専門家による視点をベースに、その医学的・美容的見地から製品を研究開発する。そして顧客ニーズに応える製品戦略に力を注ぎ、一般化粧品と差別化するためメディカルコスメのさらなる認知度の向上に励んでいる。2009年には抗酸化力を有するポリフェノールからヒントを得て開発されたフェニルエチルレゾルシノールを、国内で初めて配合したブライトニング美容液、スーパーホワイト377を発表、その成分に話題が集まっている。Click jump Rakuten

Dr.Ci_Labo_01.JPG
Click jump Rakuten